Archive for the ‘窓’ Category

窓が重要

我が家が新居にまず求めたことが「夏は涼しく、冬暖かい家」であることです。それを実現するには建物自体の断熱性が重要であると思い、断熱工法や使用する断熱材ばかりに注目していました。もちろん使用する断熱材やそれに合った断熱工法を取り入れることも大事なのですが、それと同じくらい大事なのが窓ということを業者の人に言われました。

冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。逆に夏に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の断熱性や気密性が重要であることが一目瞭然なのです。そこで我が家は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスを採用し、サッシには断熱性の高い樹脂サッシを使用しました。

このLow-E複層ガラスは、二枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。寒い今の時期は窓の結露が気になります。しかし、この窓なら嫌な結露を大幅に抑制できます。アトピーの一因と言われるカビやダニの発生を抑えるので、健康な住空間が広がるのです。また省エネ性も期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に繋がります。窓に注目して家造りを進め「夏は涼しく、冬暖かい家」を実現させましょう。

季節による日差しとサッシ窓のガラスの種類

市街地の住宅密集地などに、住まいを新築する時、採光や通風について、かなり厳しい環境になってしまいます。取得できる土地も狭小な場合、大きな庭を作ることもできず、3方向に隣家が迫って、採光や通風だけでなく、窓を設けても、プライバシーの問題に悩まされたりします。そんな厳しい環境に置いても、やはり、人間は、明るく、開放的な居住空間を求めてしまいます。もちろん、現代の建築技術をもってすれば、自然の恵みがなくとも、それなりの居住空間を創出することができます。しかし、それでは、コストもかかりますし、省エネに逆行します。そこで、太陽光を取り入れるために、あえて、中庭をつくり、それを囲んでコの字型やL字型の住まいにすることがあります。

私の友人が住まいを新築したのは、市街地の住宅密集地でしたので、土地の東南の角に採光のための庭をつくり、それを囲んでL字型の住まいを建てました。東南の角のわずかなスペースですが、それがあるとないとでは大違いで、冬には、太陽の光がふりそそぎますから、暖かいですし、夏には、風通しがよく、涼しく感じられます。こうして、自然の恵みである太陽の光をふんだんに取り入れたり、自然の風を通したりすることによって、省エネにもなります。問題は、太陽の光が入らない夕方から夜にかけてと、天気の悪い日です。太陽の光をふんだんに取り入れるには、大きな開口部が必要です。どうしても、単板ガラスでは、断熱性や気密性がかなり低下してしまいます。

そこで、窓ガラスについて検討しました。夏のぎらぎらとした日差しを防ぎ、冬の暖かな日差しを室内に取り入れるためには、断熱タイプの複層ガラスと庇を採用しました。高い高度からの夏の日差しは、庇によって、ある程度防ぐことができます。反対に、高度の低い冬の日差しは、庇に阻まれることも少ないので、ふんだんに取り入れることができます。窓ガラスについて、こだわって良かったと思います。