Archive for 11月, 2010

シックハウスの原因。

前回、無添加住宅のお話しをしましたが、シックハウスで苦しむ患者さんは全国に沢山いらっしゃいます。

シックハウス症候群は、化学物質だけでなく、カビの胞子やダニの糞や死骸などいわゆるハウスダストも原因の1つに挙げられています。これらの住宅が原因で疾患が発生する病気を総称して「シックハウス症候群」と呼ばれているのです。

化学物質は使用しなければ住宅から追放することが出来ますが、ダニなどやカビなどは住宅に付き物のようなものですのでどう対処していけば良いのか悩むところではあます。

まずダニですがダニは水分があるところではないと生きていけません。

湿度が70%以上ある場所を好む為布団などの中に生息する傾向があります。

よくダニを退治する方法で天日干しや、高温殺菌をしますが、あの方法は湿度を飛ばしてダニを死滅させる適切な方法です。ただ室内の湿度が高ければまた発生してしまいます。

現在の住宅は気密性が高い為湿気がこもりやすい傾向にありますので、ダニやカビが発生しやすい環境なのです。

こうした場合細かな換気や除湿機をかけるなどの対処を行ったほうが良いと思います。

健康住宅の場合壁や天井に使用されている仕上げ材料「漆喰」が湿度の調整効果を持っているので室内を一定の湿度に保ってくれますので、ダニやカビの発生を抑えてくれるのです。

また消臭、抗菌作用もありますので、既存住宅や中古住宅のリフォームの際や新築を考えられてる方はぜひ参考にしていただけたら良いなと思います。