Archive for 1月, 2011

長持ちする家

前回のお話しでも触れましたが、長期的にメンテナンスを行ないながら、住宅を住みついで行きましょうというのが現在の住宅の流れになってきています。

昔の家は30年~35年経ったら建て直しと言う感じでした。

しかし住宅ローン自体が35年で組むのに払い終わったと同時にまた建て直しでは正直困ってしまいます。

みなさんは何年持てば長持ちする家でしょうか?人の寿命は延びていますから家を建ててから何年間住むことになるでしょう?例えば私が40歳ですがもし90歳まで生きたら50年家に住むことになります。

さらに子供に住みついでいってもらう為には、さらに長持ちしてもらわなければなりません。

ではどんな家が長持ちする家なのでしょうか?

先ほど私が話したように家の寿命は30年~35年とお話しましたが、必ずしもすべての家がそのような短い寿命ではないのです。

ではどういった住宅が長持ちしているのか?古民家などは骨組が大きな材料で組まれていてしっかりとした造りになっています。

色々な部分は手を入れながら補修が繰り返されていますが、べースがしっかりとしている為に丈夫で長持ちする家なのです。

元々住宅は自分で手を入れながら生活していくのが海外では当たり前のようです。

日本は法律で自分で工事を行うことは出来ませんが、これからの住宅はベースをしっかりと造り、消耗品は交換できるような工夫をされた家が主流になってくるでしょう。

家は本来そうやって手を入れながら住みついで行くことが本来の形なのだと思います。