Archive for 2月, 2013

和室

 昔の家は二間続きの和室がどこの家にもあったように思います。一つには仏壇が置かれていて、もう一つはほんとただのがらんとした空間の和室でした。生活していくうえで必要なのか?と子供のころ思ったものです。友達が来たときは格好の遊び場所でした。押し入れがあるのでかくれんぼをするのにもってこいでした。他に覚えているのは、お客さんがたくさん来た時などはそこに大きなテーブルを敷いてたくさんの料理を並べて、子供ながらなんとなくうきうき気分だったことですね。昔はよく人が集まったものですよね。親戚も多く誰かが来た時用に和室は作られていたのでしょうか?

今の和室は少し家の中で肩身の狭いものになっているような気がします。若い人だとマイホームを建てるときに和室はいらないという人もいます。個人的にはいらないと思っていたのですが、いざ建てるときになるとやはり一部屋は和室を作りたくなりました。リビングとの続き部屋で作ったのですが、出来た後はやはり小さくても落ち着きます。畳は日本人の心ですね。マンションだとやはり和室はリビングに続いている作りになっている場合が多いですね。和室の作りは開放的ですので、リビングと隣接させることで広さを演出するにはもってこいですね。リビングでの食事後の家族のくつろぎの場所として活躍してくれます。あの畳にべた~っとする行為はなぜか落ち着きます。

他に、少し独立させた状態にするために段差を付けて和室を作っていたりしますよね。あれは良いですね。限られたスペースでも、個性的で和室を一つの部屋として使用するのにもってこいの方法だと思います。

最近では、気持ちの面で和室は必要なのかもしれないと感じています。心を落ち着かせる場所として和室で過ごす時間を大切にしたいと思っています。