Archive for 7月, 2014

季節による日差しとサッシ窓のガラスの種類

市街地の住宅密集地などに、住まいを新築する時、採光や通風について、かなり厳しい環境になってしまいます。取得できる土地も狭小な場合、大きな庭を作ることもできず、3方向に隣家が迫って、採光や通風だけでなく、窓を設けても、プライバシーの問題に悩まされたりします。そんな厳しい環境に置いても、やはり、人間は、明るく、開放的な居住空間を求めてしまいます。もちろん、現代の建築技術をもってすれば、自然の恵みがなくとも、それなりの居住空間を創出することができます。しかし、それでは、コストもかかりますし、省エネに逆行します。そこで、太陽光を取り入れるために、あえて、中庭をつくり、それを囲んでコの字型やL字型の住まいにすることがあります。

私の友人が住まいを新築したのは、市街地の住宅密集地でしたので、土地の東南の角に採光のための庭をつくり、それを囲んでL字型の住まいを建てました。東南の角のわずかなスペースですが、それがあるとないとでは大違いで、冬には、太陽の光がふりそそぎますから、暖かいですし、夏には、風通しがよく、涼しく感じられます。こうして、自然の恵みである太陽の光をふんだんに取り入れたり、自然の風を通したりすることによって、省エネにもなります。問題は、太陽の光が入らない夕方から夜にかけてと、天気の悪い日です。太陽の光をふんだんに取り入れるには、大きな開口部が必要です。どうしても、単板ガラスでは、断熱性や気密性がかなり低下してしまいます。

そこで、窓ガラスについて検討しました。夏のぎらぎらとした日差しを防ぎ、冬の暖かな日差しを室内に取り入れるためには、断熱タイプの複層ガラスと庇を採用しました。高い高度からの夏の日差しは、庇によって、ある程度防ぐことができます。反対に、高度の低い冬の日差しは、庇に阻まれることも少ないので、ふんだんに取り入れることができます。窓ガラスについて、こだわって良かったと思います。