Archive for 1月, 2016

二つの玄関

我が家は玄関の動線を二つに分けました。お客様用のメインの玄関とその隣に設けたシューズクローク側を家族用の玄関としました。シューズクロークからそのまま室内へ入れるように動線を確保しておくことでメインの玄関を常にスッキリと保つことができるようになりました。今までは子ども達が帰宅すると玄関は靴が脱ぎっぱなしで、外で使用したおもちゃやスポーツ用品などの物で溢れ、一気にごちゃごちゃした空間となり出入りもしずらくなってしまっていました。このように片付いていない時に限って急な来客者が訪れ、スムーズな対応ができないということはしばしばありました。

まず玄関横に設けたシューズクロークの収納力を充実させました。家族の靴を大容量に収納できるように天井まで広がる可動オープン棚を設けました。どこにどの靴があるかが一目で把握でき靴の出し入れがしやすくなりました。子ども達の靴は自分で手が届くように下段部分に収納しました。また長靴やブーツなど高さのある靴もしっかりと収納できています。棚の高さを自由に変えられるのでデッドスペースを生みにくく、収納スペースを有効的に利用できています。

また外で使用するおもちゃや三輪車、ベビーカーにスポーツ用品など外で使用する物もきちんと収納できるように土間収納スペースも設けました。このようにシューズクロークの収納を充実させることで、玄関部分やポーチ部分に物が散らかるのを防げます。土間収納があることで外で使用して汚れたままの状態でもサッと収納できるのが便利です。また玄関の動線を分けたことで、子ども達が自分の靴や物を自分で管理する習慣が身に付きました。玄関の動線を分けるのもいいのではないでしょうか。