Archive for 6月, 2017

小上がりの和室

最近では一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが増えています。和室まで一体感を高めることで空間の広がりや、家族の繋がりを大事にできるようになります。空間の繋がりを確保することで広さや開放感が得られるのですが、一つ気をつけたいのが空間のメリハリです。

そこでリビングに隣接する和室を小上がりにして高さを設けることで空間のメリハリを出すのです。中途半端な段差は足をつまづきやすくしてしまうので、腰掛にちょうどいい、しっかりとした高さのある小上がりの和室を設けてみてはいかがでしょうか。腰掛に適した高さにすることで、リビングで過ごす家族と同じ時間や空間を共有しながら和室で過ごすことができます。

家事や育児の合間にちょっと腰を下ろして休憩しようと思ってもソファは家族が占領していることも多いですが、このような場合小上がりの和室に腰を下ろせば最適の休憩場所となります。高さを設けることで空間のメリハリが高められますし、畳の下のデッドスペースを利用して収納スペースを設けることもできます。

和室で使用する座布団や子どものお昼寝グッツ、日用雑貨やこどもたちのおもちゃなど幅広いものを収納しておける便利な収納スペースとなるのです。中央部分を掘り込み掘りコタツを設けるのもいいでしょう。寒い冬はここで家族みんなで鍋を囲み食事をするのもおススメです。和室に高さを設けることで和室の利用の幅が広がるのです。