間取り

家造りにおいてまずきめることは間取りです。間取りによってその住宅の暮らしやすさが変わってくるだけに暮らしをイメージしながら配置を決めましょう。家族構成やライフスタイルに合った暮らしやすい間取りにしたいものです。間取りを決める際には、住宅内を効率よく移動できる動線にすることに配慮しましょう。暮らしの中心となるLDKから洗面室や各部屋へ入っていく動線を得ておくといいでしょう。

このようにすることで廊下が必要なくなってきます。今までは当たり前のように設けられていた廊下ですが、最近ではこの廊下がデッドスペースとして考えられるようにもなっています。廊下をなくす間取りにすることで各スペースを広々と確保でき、スペースを効率よく利用しやすくなるのです。帰宅時は、玄関から洗面室、洗面室からリビングへの動線を考えます。帰宅してリビングへ入ってしまうと、リビングにカバンや着ていた上着が散らかってしまいますし、手を洗いに洗面室へ行くのが面倒になってしまいがちです。

そこで玄関からリビングのまでの動線上に洗面室を設けておきます。洗面室までの動線にはウォークスルークローゼットを設けておけば、着ていた上着やカバンをここに片付けられます。洗面室で部屋着に着替えて、手を洗い、あとはリビングでゆっくりとくつろぐことができます。このように動線を意識することで住宅内を行ったり来たりする無駄な動きをする必要がなく、スムーズな動線で暮らしやすさを感じることができるのです。

主婦は家事動線に注目して、家事を効率よく行えるようにしておきましょう。家事の中心はキッチンであるので、キッチンから洗面室やキッチンからダイニング、洗面室から洗濯物干し場への動線を集約しておくと家事が効率よく行えます。住宅内の動きをイメージし無駄な動きのない間取りにして暮らしやすさを手に入れましょう。

Comments are closed.