浮造り

浮造りとは、木材の加工方法の一つで、木の表面を丁寧に何度もこすり合せ、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を優しく、そして心地よく刺激してくれるためマッサージ効果が得られます。

我が家は水廻りスペース以外全てこの浮造りの床にしました。浮造りにすることで木目の美しさが際立ちますし、触感の良さも高まるのです。また、年輪が際立ち表面に凹凸がある浮造りの床は、滑りにくく、子ども達や足腰の弱っている高齢者にも安心です。凹凸は足裏のツボを心地よく刺激してくれるため血行を良くし、冷え症の人にも安心なのです。子ども達の偏平足予防にも効果がると言われています。

また、このお現が室内の光を拡散し、目に優しい空間を造り、眼精疲労を和らげてくれます。合板フローリングが普及していますが、キズが目立ちやすく、触感も無垢材に比べると劣ります。夏はペタッと張り付いたような感触ですし、冬は冷たくて裸足で歩くことなどできません。しかし、無垢材の床は、子ども達が床におもちゃを落としても気にならず、キズも目立ちにくいです。

また、夏はサラサラとした肌触りで冬はほのかにあたたかみを感じられるため一年を通して裸足で過ごしたくなるほどです。断熱性も高く、調湿効果もあるため室内の快適性を高めてくれているのです。合板フローリングに比べると少々割高ではあるのですがその分得られる魅力も多いだけに素材にこだわり、室内の快適性を高めてみるのもいいのではないでしょうか。

Comments are closed.