リビング・ダイニング

住まいの中心となるリビング・ダイニングは住宅の中で最も重要視される空間です。家族が長時間共に過ごす場所ですし、お客様を迎え入れる場所にもなるだけに快適で居心地のいい空間を目指したいものです。

最近では視界を遮る壁や間仕切りをできるだけ設けず、ワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。リビングを20帖近く広々と確保し、リビング内に4~5帖ほどの和室コーナーを設ける間取りが人気となっています。今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったですが、リビングと一体化した和室にすることで、廊下が必要なくなり空間が広々と確保でき、有効活用させやすくなります。

また、和室にまで目が行き届くことで、キッチンで家事をしながらも子どもが遊んでいる様子や昼寝をしている様子がしっかりと確認でき安心しながら家事を行えるのでママ達にも人気なのです。普段を建具を開け放ち、リビングとの一体感を大事にしながらも建具で仕切れば個室としても利用できる臨機応変さを兼ね備えておけば、宿泊ルームとして、また将来的に夫婦の寝室としても利用できるのです。

テレビを見ながらくつろぐだけでなく、子ども達が遊んだり、勉強したり、ママが家事を行ったりと様々な目的で使用される空間だけに、物が集まってきやすいのです。リビングこそしっかりと収納スペースを設けておきましょう。テレビ台を設置している壁一面を利用して壁面収納を設けて、見せる収納と隠す収納を組み合わせたり、ウォークイン型のリビング収納を設けておくのもいいでしょう。物で溢れることのないように落ち着いた空間を目指したいものです。

Comments are closed.