Posts Tagged ‘和室’

小上がりの和室

最近では一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが増えています。和室まで一体感を高めることで空間の広がりや、家族の繋がりを大事にできるようになります。空間の繋がりを確保することで広さや開放感が得られるのですが、一つ気をつけたいのが空間のメリハリです。

そこでリビングに隣接する和室を小上がりにして高さを設けることで空間のメリハリを出すのです。中途半端な段差は足をつまづきやすくしてしまうので、腰掛にちょうどいい、しっかりとした高さのある小上がりの和室を設けてみてはいかがでしょうか。腰掛に適した高さにすることで、リビングで過ごす家族と同じ時間や空間を共有しながら和室で過ごすことができます。

家事や育児の合間にちょっと腰を下ろして休憩しようと思ってもソファは家族が占領していることも多いですが、このような場合小上がりの和室に腰を下ろせば最適の休憩場所となります。高さを設けることで空間のメリハリが高められますし、畳の下のデッドスペースを利用して収納スペースを設けることもできます。

和室で使用する座布団や子どものお昼寝グッツ、日用雑貨やこどもたちのおもちゃなど幅広いものを収納しておける便利な収納スペースとなるのです。中央部分を掘り込み掘りコタツを設けるのもいいでしょう。寒い冬はここで家族みんなで鍋を囲み食事をするのもおススメです。和室に高さを設けることで和室の利用の幅が広がるのです。

小上がりの和室

住宅にも洋風化が進み、和室が一室もないという家も珍しくはありません。しかし日本人であるならば畳のある和の空間はいつまでも大切にしたい大事な場所なのです。しかし今までのような純和風の和室ではなく、洋風住宅といかに調和する和室であるかというのがこれからの和室造りのポイントの一つでもあるのです。

和室を設ける位置ですが、今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったです。客間として利用したり、宿泊ルームとして利用していました。しかし最近では、客間にお通しするお客様はほとんど来ません。気心知れた友人や親戚が来ることばかりなのでリビングにお通しします。その傾向が強まり、リビングの一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設けられることが多いのです。

普段は建具をオープンにして、リビングの延長として和室を普段使いできるスペースとするのです。いざという時は建具で仕切って個室としても利用できるようにしておけば和室の使い勝手はより高まるのです。我が家もリビングの一角に和室を設けました。この和室に高さを設けて小上がりの和室にしたのです。小上がりにすることで、洋風LDKと和の畳の空間を違和感なく隣り合わせに存在させることができるのです。

フラットで繋がっているより、高さがあることで空間にメリハリが生まれるのです。またこの畳下に生まれるデッドスペースを活かして収納スペースを確保することができましたし、ちょっと腰を下ろす休憩場所としても最適となっています。小上がりの和室はおススメです。

和室

 昔の家は二間続きの和室がどこの家にもあったように思います。一つには仏壇が置かれていて、もう一つはほんとただのがらんとした空間の和室でした。生活していくうえで必要なのか?と子供のころ思ったものです。友達が来たときは格好の遊び場所でした。押し入れがあるのでかくれんぼをするのにもってこいでした。他に覚えているのは、お客さんがたくさん来た時などはそこに大きなテーブルを敷いてたくさんの料理を並べて、子供ながらなんとなくうきうき気分だったことですね。昔はよく人が集まったものですよね。親戚も多く誰かが来た時用に和室は作られていたのでしょうか?

今の和室は少し家の中で肩身の狭いものになっているような気がします。若い人だとマイホームを建てるときに和室はいらないという人もいます。個人的にはいらないと思っていたのですが、いざ建てるときになるとやはり一部屋は和室を作りたくなりました。リビングとの続き部屋で作ったのですが、出来た後はやはり小さくても落ち着きます。畳は日本人の心ですね。マンションだとやはり和室はリビングに続いている作りになっている場合が多いですね。和室の作りは開放的ですので、リビングと隣接させることで広さを演出するにはもってこいですね。リビングでの食事後の家族のくつろぎの場所として活躍してくれます。あの畳にべた~っとする行為はなぜか落ち着きます。

他に、少し独立させた状態にするために段差を付けて和室を作っていたりしますよね。あれは良いですね。限られたスペースでも、個性的で和室を一つの部屋として使用するのにもってこいの方法だと思います。

最近では、気持ちの面で和室は必要なのかもしれないと感じています。心を落ち着かせる場所として和室で過ごす時間を大切にしたいと思っています。