Posts Tagged ‘建材不足’

建材の不足について

大学時代の友人が新潟の新築注文住宅工務店で建築中と言うので先週末に見学に行ってきました。

友人の家は今時の四角い家でとてもシンプルな感じでした。まだ工事中で内部を大工さんが工事をしていたのですが、友人の話によると少し工期が遅れているのだそうです。

3月11日に発生した東日本大震災の影響で、床の下地や屋根の下地に使用する、針葉樹合板が不足していたそうです。

この合板は現在の住宅工事には欠かせないもので、構造用合板とも呼ばれ構造耐力上主要な部分に用いる目的で使用されています。

構造用合板を使用して剛床と言われる耐震性の高い床や、体力壁を作ることで耐震性の高い住宅にすることが出来いるのです。

またそのほかにも風に対しても強い効果を発揮しますので住宅には欠かせない材料です。

この材料がなければ仕事は進みません。しかし地震の影響によるものであれば建築主として何とも言い難く今は我慢をするしかなかったようです。

そして最近ようやく合板が納入されて工事が進むようになったのだとか。

被災地の人々は今も震災の復旧、行方不明者の捜索作業を行っています。

西日本の私たちも様々な影響はあります。

アルミサッシや外壁材のサイディングなどの建材の入荷が遅れていたりすることで工事の遅れが出始めています。

住宅会社や工務店が集客できても、家が建てられないと言う状況になるでしょう。

しかし日本が大変な時なのですから、今はみんなで耐えるしかないのだと思います。

針葉樹合板は、被災地の仮設住宅の工事にも必要ですし、さまざまな物資が必要だと思います。

私も日本国民が一刻も早い復旧を望んでいます。