Posts Tagged ‘洗面室’

1坪洗面室

洗面室の一般的な広さは1坪と言われています。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室を設ける人が増えてきました。洗面室は家族みんなが様々な用途で使用します。またここに洗濯機を設置する家庭が多く、家事を行う場所の一つでもあるのです。

我が家も1坪以上の広さに余裕のある洗面室が希望だったのですが、LDKを重視するあまり洗面室の広さは1坪となってしまいました。間取りが確定した後も洗面室が1坪ということに不安を感じていました。住宅が完成し、いざ生活を始めてみると1坪でも空間を上手に利用することで十分な広さだということを感じました。

例えば、洗濯機と洗面化粧台の間に生まれるスペース。20~30㎝ほどの隙間をそのままにしておくのではなく、そこにキャビネットを設けることで洗面室の収納を充実させることができるのです。洗剤やタオルを収納しておくのに最適です。また洗濯機の上部が空洞になり空間を無駄にしていませんか。ここにキャビネットを設けたり、オープン棚を設けることで家族の下着やパジャマまで収納できる洗面室となるのです。

最近ではタオル類だけでなく、下着やパジャマなど衣類まで洗面室に収納しておく家庭が増えています。入浴の前後で使用する空間でもあるので、ここにこれらの衣類を収納しておければ便利さが高まることは言うまでもありません。

また壁厚を利用したニッチを設けるのもいいと思います。ニッチは飾り棚としてだけでなく、収納スペース確保としても重宝します。奥行はありませんがタオルを立てた状態で収納したり、シャンプーなどの在庫をストックしておく収納スペースとして便利です。1坪でも空間を有効活用させることで十分満足できる空間となるのです。

洗面室

女性の多くは住宅の中で重視するのは水周りです。
キッチンはもちろんのこと、洗面室やトイレなどもこだわりと持つ人は多いと思います。
我が家も新築住宅を建てることになり間取りや設備などを決めている最中ですがキッチンと同じくらい洗面室やトイレは重視しています。
その中の洗面室について考えてみたいと思います。

最近では洗面室兼家事ルームとして広々と洗面室を確保するスタイルも増えてきました。洗面室に欠かせないのは洗面化粧台と洗濯機です。
これらを置きながら収納スペースも必要になってきます。

現在住んでいる住宅の洗面室には洗面化粧台と洗濯機、そして家族の下着に部屋着、タオルなどもしっかり収納できています。
洗面室で必要とするものが全部きちんと揃っているので洗面室への不満はありません。
新築住宅にも同様にこれらをしっかり収納できるようにしたいと思っています。
しかし今住んでいる住宅と同じでは意味がありません。
そこでタオルや下着、部屋着などをより出し入れしやすく使いやすい収納スペースとしたいと思っています。
半分は可動棚にして、半分はパイプをつけるのです。
タオル類や下着、部屋着など適材適所にスッキリと収納しておくことができます。

広さに限りのある空間で有効になってくるのがニッチです。
洗面化粧台横にニッチを設けてティッシュを置いておいたり、小物を置くスペースとして重宝するのです。
洗面室は入浴の前後はもちろん、手洗いや歯磨き、お化粧やヘアセットなど家族みんなが使用します。それに加え家事を行う場所でもあります。
両面を考えながら広さと収納に配慮して過ごしやすい空間にしたいものです。