Posts Tagged ‘2項道路’

2項道路のセットバック

今回は建築用語についてお話をしたいと思います。

皆さんが街中などを走っていると道路から2Mほど後退したところに塀などを作った住宅を見かけてことはないでしょうか?

「もっと道路いっぱいに塀を建てればお庭が広いだろうに・・・」と思った経験はないでしょうか?

友人が東京の品川区で不動産会社に依頼して不動産物件を探していた時に、同様な感想を持った物件があったそうです。

これは法律上道路に面した部分に塀や建物などの建築物を建ててはいけないという法律があるのです。

これを建築用語で「2項道路によるセットバック」と呼びます。

2項道路とは、建築基準法第42条第2項の規定により、建築基準法上の道路とみなされる道のことであるり一般的に「みなし道路」ということもあります。

市街地内にある幅員4M未満で特定行政庁が建築基準法上道路と認めた細い道路のことなのです。

通常建築物幅員4M以上の道路に接続することが義務とされていますが、古くからある住宅街などではその地域にある建物は法律上不適合とされ建て替え困難なケースが多くあるためこれらの緩和措置として、道路中心線より2M後退措置(セットバック)を行うことで建築が可能となるのです。

また消防車や救急車などの緊急車両の進入を容易にするための措置としても活用されています。

こうした土地を販売する場合には不動産会社は、チラシなどに「セットバックが●●㎡必要です」と記入が必要になります。

また案外広い土地でも前面道路が4M以下の場合には、セットバックの位置を把握して実際に使える広さはどのくらいなのかしっかりと把握するようにしましょう。